高額な英語教材は絶対ダメ!買ってはいけない3つの理由

こんにちは。

ファーストイングリッシュの本多(ほんだ)です。

僕の自己紹介はこちら↓

40歳を過ぎてから、英語の勉強をスタートしました。
本を出版することが出来るまでになりました。
そして、今でも英語の勉強をしています。

 

=======================

では、今日も一緒に勉強していきましょう!

 

先日、偶然会ったお母様と僕の会話です。

 

お母様

ある教材会社が英語の教材一式を販売に来ました。

15万円するんですが、娘がやるということなので購入を考えてます。

 

ほんだ

お母さん、娘さんは何歳ですか?

また、英語ってどれくらい出来ます?

 

お母様
小学4年生で、これから英語をやろうと思ってます。

 

もう完全に罠にハマってます。
高額教材には手を出さないように、コンコンと説明を差し上げました。

今日の結論はこちら↓

 

【今日の結論】高額な英語教材は買わない方が良い。

・英語学習で最も重要な要素は、「継続」であり、価格ではない。
・高額=高品質、低額=低品質ではない。
・高額な教材より、オンライン英会話との連動が良い。

高額な教材の価格内訳では、広告宣伝費の割合がとても高い。
今では、無料で良質な教材もたくさんある。

 

それでは、今日も一緒に勉強していきましょう!

 

1英語学習で最も重要なことは「高額」ではなく「継続」

 

英語学習で最も重要なこと、それは「続けること」です。
だからこそ、「続ける仕組み」が大切になります。
どれだけ一生懸命やっても、途中でやめてしまうと、英語力は下がります。

 

高額だから続けられる?

 

高額な英語教材と安価な教材とでは、何が違うのでしょうか?
ずばり、その膨大な量です。

 

よくネット上で、CDやDVDと横文字の教科書が、ズラッと並べられた写真を目にします。
ビックリしたのは、◯◯ラーニング48巻セットで8万8千円で販売してました。

 

48巻って、誰がそんなに聴くんでしょうか?
しかも、1巻にCDが2枚入ってます。
つまり、96枚ものCD!!!

 

48巻、96枚のCDを最後まで聴くような根性があるなら、何でも自分で出来てしまいます。
出来ないから、きっと、価格に頼るんでしょうが、無理しても、出来ません。
そもそも、こんな96枚ものCDを一気に送ってくるなんて、どうかしてます。。。
それは確実に、高額になってしまいますよね。
8万8千円は可愛い方で、価格は10万円前後、もっと高額な場合、15〜20万円くらいします。

これなら、さぞかし、英語が出来るんだろうなって思わせてくれます。
はい、全部やれれば、きっと英語力は上がっていくでしょう。
48巻全部やれば、きっと、上達することでしょう!!!

 

しかし、残念なのことに、多くの人が断念します。

 

どれだけ良い教材があっても、続けられなかったら、全く意味がない。
英語を勉強する上で、最も大切な要素は「継続出来る仕組みがあるかどうか?」です。
中には、レポートを出したり、宿題を出す仕組みがあるかも知れません。
ただ、残念なことに、レポート提出や宿題提出では、相手の顔が見れないから、やめてしまうんですよね。

 

高額な教材を買っても、継続出来なかったら、全てが無駄になります。
安価な教材で良いので、それを最初から最後まで、何度もやっていくことをお勧めします。

 

高額でなくても継続出来る方法

 

「高額≠継続出来る仕組み」ということを上記で書きました。
では、高額じゃなくても、継続出来る方法ってどういったものがあるのでしょうか?

 

英語を勉強し続ける仕組み

・オンライン英会話で、同じ講師で50分間の勉強をする。

・1週間のスケジュールを決めて、友達と一緒に勉強する。

・目的・目標を明確にして、スケジュールにやることを記入する。

・誰かに管理してもらう。

 

これは、決して高額教材を購入しなくても、自分の工夫で出来ることばかりです。

 

高額な教材に教育投資するのはもうやめましょう。

 

自分の子供に高額な教材を、購入してあげるのはやめましょう!

 

残念ながら、決して高額な教材を購入したからと言って、子供はやりません。
せっかく高いお金を払っても、肝心の子供がやらなかったら、余計に腹が立つだけです。
「購入する時、やると言ったでしょ!?」と。。。
犬を買う時、世話をすると約束したでしょ!?と同じです。
親が買いたかっただけなんですよね

 

高額教材も同じで、親が子供に勉強をしてほしかっただけ。

 

子供は優しいから、親の喜ぶ顔が見たくて、その時は「やるー!」って言うんです。
しかし、高額な教材を買うだけでは、子供はやりませんから。

 

それは、自分自身に対しても同じこと。
ただ、高額なだけの教材を購入しても、「教材そのものに継続性はない」のです。
まずは、続けられる仕組みがあるものに投資しましょう。

 

どうせ、購入するのであれが、「継続出来る仕組みが出来てから、その後で高額な教材を購入」という順序で行きたいです。
後で詳しく書いていきます。
まず、ここでは、高価な教材自体には、継続できる仕組みがないことを理解しておきましょう。

 

2高額だから高品質?低額だから低品質なのか?

 

価格=品質なのでしょうか?
確かに、高価なものは、良いものが多い。
反対に、安いものってどうなんでしょうか?

 

安い教材の品質は、高額教材と比べて、どうなんでしょうか?

 

先日、こんなTweetをしました。

https://twitter.com/gnethonda/status/1249249409478488064

 

なぜ、いまだに高額な英語教材が売れるのか、全く意味不明。。。

・高額=高品質、低額=低品質ではない
・高額でも続かない
・最後までやる人少ない
・無料で勉強が出来る
・オンライン英会話でアウトプットした方が良い
・高額教材の多くは宣伝広告費

以前と違ってネットを使って、無料で勉強が出来る

 

多くの高額教材が、CD+教材のセットです。
たまに、オンライン英会話もセットである場合もありますが、こちらはメインではないはず。
多くの高額な教材会社は、原価の安い、CD+教材をメインにしています。
オンライン英会話だと、人件費がかかりますからね。

もちろん、それら高額教材の内容は、それなりに良いものです。
しかしながら、書店で売っている1,500円〜2,000円の教材は低品質なのか?ということですが、こちらも決して悪くありません。

 

むしろ、安い教材は、もっと簡単に、もっと初心者向けに作っている場合が多いです。
もちろん音声CDなども付いてます。
また、書店で実際に、自分の目で見ることが出来るので、「あ、これは自分に合っている」とレベルを確認することが出来ます。

 

実は、教材は値段で品質が決まる訳じゃないんですよね。
ということで、高額な教材の購入はやめましょう。

 

高額な教材でも、インプット学習がメインだから話せない。

 

今、僕たちに必要な練習法はアウトプットです。
実際に英語の場合、「インプット:アウトプット=2:8」でくらいがちょうど良い。
インプットは20%だけで十分です!
それよりも、自分の知っている英語がどんどん出てくるように、アウトプットに力を入れましょう。

先日、こんなTweetをしました。

 

どんな勉強においても同じだけど、特に英語は「インプット20%:アウトプット80%」がベスト。

高い教材を買っても、インプットのみではダメ。

むしろ安い教材で良いので、そこに載っている単語や言い回しがすぐに口から出るようにすること。

アウトプット訓練に力を入れたら、価格は安いほうが良い。

 

そもそも、なぜ、インプットはそれ程、重要じゃないのか?
中学、高校時代に、もう十分、インプットをしたからです。
しかしながら、圧倒的に足りていないのが、アウトプットをする訓練です。

 

そこで、高額な教材を使って、いくらインプットの勉強をしても、ペラペラ話すというアウトプットは出来るようにはなりません。
高額な英語教材を購入して、安心しがちですが、アウトプット訓練をして、ようやく英語が話せるようになります。

 

聞くだけでペラペラには決してならない。

 

お母様
先生、聞き流すだけでペラペラになるっていうのはどうなんですか?

 

セミナーなどをすると、よく聞かれるのが、↑この質問です。

 

高額教材の代表的なものが「ゴルファーも愛用している、聞くだけでペラペラ英語教材」です。
「英語が苦手だった私が、話せるようになった理由はたった1つ!
それは、聞き流し続けたからです!」
どっかで聞いたことのあるセリフですよね。

 

結論から言うと、聞くだけは、ペラペラにはなりません。

 

ちなみに、分からない言語をいくら聞いても、分かるようにはなりません。
例えば、『ロシア語がペラペラになります!』と言って、四六時中、ロシア語を聞いても、分かるようにはなりません。
英語でも同じことで、意味と文章が分からないと、雑音を聞いてるのと一緒です。

 

教材の適正価格とは?

 

あなたのレベルや、何をしたいかによって教材の価格は変わります。
TOEIC900点以上のレベルで、更に極みを目指したい人であれば、5千円くらいの教材も必要になるかも知れません。
実際にTOEFLの過去問や模試は3〜4千円くらいします。
また、極みを目指す人って、それほど多くはないので、部数も少ない。
部数が少ないので、必然的に、価格は高くなりがちです。
そういう人はこの記事は見てないでしょうけど。笑

 

ここでは、初心者の方々向けに書いてます。
実際に、初心者は高額な教材に手を出してはいけません!
5万円以上するような教材に、決して、手を出してはいけません。
それなら、「長く続けられる仕組み」にお金を払うことをお勧めします。

 

例えば、家庭教師的なオンライン英会話の講師で、週2回〜3回以上見てくれるなら、価値はあるでしょう。
というのも、継続できる仕組みがそこにはあるからです。
初心者の方は、やはり、オンライン英会話で継続的に勉強をしていくことが、最も効果的です。

 

3高額な教材より、安い教材とオンライン英会話との連動をすれば効果的

 

先程から、何度も書いてますが、「継続できる仕組み」が最も大切です。
その仕組を具体的に見ていきましょう。

 

高額教材でなくても出来る!英語の継続できる仕組みづくり

 

どうやったら、継続出来るのか?
それは人と一緒に勉強をしていくことです。

こちら、参考程度に読んでみてください。

 

この第3章に「一人で勉強しようとする」のは間違っている、と書いてます。

 

自分の意思はそれほど強くありません。
だから、講師や友達と一緒に勉強をすることが、キーポイントになります。

 

お勧めは、オンライン英会話の講師に、1日50分程度を毎日教えてもらうことです。
その際の注意点があります。

 

オンライン英会話の注意点

・オンライン英会話の講師は同じ人であること。

・事前にスケジュールを決めること。
→例えば、「月・水・金・土の夜8時から」というスケジュール決め。

・オンライン英会話は最低でも50分間すること。
→小学生は25分程度が良い。

「英語の師匠」、「英語のメンター」を持つことです。
そうすることで、英語の勉強が習慣化していきます。

 

高額教材でなくても出来る!インプットとアウトプットの連動

 

上記のようにオンライン英会話で講師を師匠として、勉強をします。
その際に使う教材がありますが、その教材を徹底活用していきたいですよね。
せっかく、50分間の授業で使った内容です。
忘れないように、授業以外の時間でも使いたいです。

 

・授業以外の時間は、授業中にやった内容を覚えること。

・新しい単語や言い回しを徹底的に覚えていくこと。

・復習で覚えた内容を、授業で使うこと、徹底して使うことです。

 使わないと、英語は身につきません。
使わないと、せっかく習った単語でも、やがて、忘れていきます。
意図的に使っていくことをお勧めします。

 

そうすることで、高額でなくても、自然と身につきます。

 

そもそも、なぜ高額な英語教材になってしまうのか?

 

高額な理由は、ずばり、宣伝広告費です。

 

・新聞の一面広告に載っている。
・電車の広告に載っている。
・雑誌でいつも見る。
・ネットの広告でよく見かける。
・新聞折込チラシでも見かける。
・有名人を使っている。

よく、それだけ宣伝できるよなーって感心します。
本当に良い教材なら、そこまで宣伝広告をしなくても、売れていきます。
もちろん、宣伝広告はとても重要ですが、莫大すぎる広告費です。

 

これが、安い金額なら納得も出来るんですが、宣伝広告費が明らかに含まれていて、10万円以上って、ありえません。
広告宣伝費を消費者が払っているんです。
そういうのには、手を出さないのが一番です!

 

有名人が宣伝してなくても、安くて、あなたにピッタリの教材はあります!
ぜひ、本屋さんや、オンライン英会話を探してみましょう。
きっと見つかることでしょう。
頑張って、オンラインと安い教材の連動で、繰り返し学習をしていきましょう!

 

よくある質問:Twitterからも無料で質問募集しています

 

英語は人生を大きく変えてくれる、素晴らしいコミュニケーション・ツールです。

 

出来るだけ多くの方に、英語で人生を変えてもらいたいと願ってます。
そういった意味でも、英語を勉強する機会を提供しています。

 

質問やお申込みなどありましたら、右上の「資料請求・お問い合わせ」に連絡を頂きましたら、スタッフから返信を差し上げます。
また、ほんだに直接をしたいという方はこちら↓

Twitterでも質問を募集中
僕のTwitterをここに貼り付けておきます。
直接、僕に質問をしたいかたはこちらで↓

 

多くの人が、英語が話せるようになり、自立した幸せな人生を送れるようになることを、祈ってます。

 

おすすめの記事