英語の勉強が楽しくない3つの理由とは?

こんにちは。

ファーストイングリッシュの本多(ほんだ)です。

僕の自己紹介はこちら↓

40歳を過ぎてから、英語の勉強をスタートしました。
本を出版することが出来るまでになりました。
そして、今でも英語の勉強をしています。

 

さあ、今日も一緒に英語の勉強をしていきましょう!

 

そもそも、なぜ、英語の勉強が楽しくないんでしょうか?

 

多くの日本人が、英語に触れるきっかけは、中学1年生。英語は、学校で習う「教科」の1つでした。
小学校を卒業して、中学校に入学。
算数が「数学」という名前に変わり、全ての教科に、それぞれ担当の先生がいる。
その時、「英語」という教科に初めて出会う。

 

やがて、「私、英語が苦手なの」という人が、ちらほらと出てきます。
反対に、「数学が苦手で、英語が得意」という人も出てきます。

 

なぜそうなるでしょうか?

 

英語の場合、もっと楽しめる教科なのに。
理由は「英語」を「1つの教科」としか、捉えていないから、楽しくなくなります。
多くの生徒は、1つの教科として、英語を扱っています。

 

そもそも、「教科」というイメージが良くありません。
「教科=受験勉強の道具」だったり、「教科=通信簿にのる」ということで、「勉強しなければならない」という意識が強くなります。
本当は楽しいはずの英語も、楽しくなくなってしまいます。

 

そもそも、英語などの語学そのもの自体は「コミュニケーション・ツール」なので、苦手とか、得意というものでもない。
人と話をするのは、ごく自然なことであり、楽しいこと。
だから、楽しくない、ということはないはず。

 

では、なぜ、「楽しくない」という感情が湧いてくるんでしょうか?
その楽しくない原因を取り除いて行くことが重要。
取り除くことで、きっと英語は楽しくなっていきます。

 

1勉強している英語のレベルが合っていないから楽しくない!

 

仕事をする上で、その業務自体が、難しすぎたり、簡単すぎると、やる気が起こらない。

そもそも、人は、ゲームでも、遊びでも、仕事でも、何でも、「難しすぎる」「簡単すぎる」という場合、モチベーションって上がらないものです。
それは、英語においても同じです。

 

やる気が出ない理由

難しすぎても、簡単すぎても、やる気は出づらい。
仕事をする上では、よく言われること。

これって「英語の勉強」でも同じことが言える。

やってる内容が、難しすぎる、簡単すぎる、という場合、モチベーションが上がらないもの。

英語の場合、自分で調整した方が良い。

 

しかしながら、仕事の場合、自分で調整するのは難しいです。
その仕事場では、上司がいたり、お客様がいます。
なかなか、自分で仕事の調整することは出来ないものです。

 

僕が一番最初についた仕事は営業でした。
最初は本当に苦労した。
お客様から叱られ、上司からはもっと叱られる日々。

 

苦痛以外の何物でもなかったから、モチベーションも上がらない。
段々と仕事が楽しくなくなり、苦痛になってきた。
人相手にやる仕事って、コントロール出来る範囲は限られてるから、調整は難しい。

 

その点、英語って違うんですよね。
英語は調整の仕方があります。

 

英語は教材で調整することが出来る

 

生徒:ジェイ
英語って、どんな風にやったら楽しく出来ますか?

 

ほんだ
そもそも間違った英語教材を使っているから、楽しくない場合が多いんだよね。

生徒:ジェイ
確かに、簡単すぎる英語教材って、つまらないし、苦痛。
反対に、全く知らない英単語が並んだ教材も、チンプンカンプンで苦痛。

 

ほんだ
実際に英語教材は、最初は、少しだけ簡単かなーって思えるレベルからスタートしたら良いよ。
特に初心者は「知っている単語が80%」くらいの教材の方が良いね。

80%くらい知っている単語がある教材が最も良い!
初心者は新しい単語を仕入れるより、まずは英語に慣れることが大切。

 

選択を間違えると楽しくなくなる!レベル別英語の教材

 

先日、僕の友人から、こんなメッセージがきました。

ティン
ほんださん、英語の勉強が全く分からないー!
どうしたらいいですか?

 

そこで、実際に会って、その友人が購入した教材を見た。
それがこの教材↓

初心者には難しい。。。
80%分からない単語だらけ。
しかも、「入試」と表紙に書いてます。
彼は社会人、もう入試などしません。笑
初心者がこのレベルを使ったら、一気に楽しくなくなります。

 

誤解のないように書きますが、これはとても売れている良い教材です。
Amazonでも人気のある書籍です↓


しかし、初心者には、レベルが全く合ってない。

 

ほんだ
どうしてこんな教材を買ったの?

ティン
本屋さんでお勧めって書いていたから。

 

なるほど、英語の初心者の方って、こういう本の選び方をするんだと、僕自身が勉強になりました。
何度も書きますが、とても良い教材です。
ただ、初心者の方に合っていなかっただけです。

 

英語の勉強を始める時、「よーし!やるぞー!」と気合いを入れて本を購入する。そんな時、間違いを起こす。

・難しい教材にチャレンジ!
・沢山の単語を覚える!

しかし、それが間違いのもと。
必ずと言っていいくらい続かない。

レベルがかけ離れてると、楽しいはずの英語が、苦痛だけになるから。

 

英語の勉強は長く続けることで、成果が出るものです。
長く続ける工夫が必要。
その為に、教材選びは慎重になりましょう。

 

そこで、この機会を使って、オンライン英会話に適した教材を載せておきます。
一気に2-3冊購入する人もいますが、非効率的です。
まずは、1冊を完璧に出来るようになることの方が、能力UPとなります。
まず、各レベルで、1冊ずつ、紹介をします。

 

初級者向け英語教材!思わず楽しくなる!

 

まず、オススメなのがこちら↓

とても有名な本で、長年、使われ続けています。
簡単な日本語を英語にするというものです。
しかも、文法別に並べられています。

 

特徴は、簡単な英単語だけで、文章を構成しているということ。
決して、難しい単語は使ってません。
だから、楽しんで英語の勉強をすることが出来ます。

 

こちら、↓Amazonでも購入することが出来ます。

自分で勉強をするという方は、こちら1冊を購入して、何度もやっていきましょう!
音声もあるので、とても勉強になります。
1冊を完璧にこなすことが出来たら、英語は一気に楽しくなります。

 

また、簡単な日本語→英語にする、というカリキュラムは
フィリピン留学First English Global Collegeでも扱ってます。

 

初心者の方は、簡単な英語がポンポンと出る訓練を、まずはしていきましょう!
フィリピン留学でも、毎日、1時間、簡単な日本語を読んで、それを英語にする訓練をしてます。

 

https://twitter.com/gnethonda/status/1243737166389248002

 

初心者の英語勉強心得

・簡単な単語を使い回せるようにすること
・難しい単語は覚えない、使わない
・思いついた日本語→簡単な日本語に変換→英語

頭の中にある言葉をそのまま英語にしようとする。だから、言いたいことが言えない。

簡単な英語単語を使う為にも、まずは日本語を簡素化すること。

 

もし、こういった教材を1人でやるのが難しい
という方はオンライン英会話でも扱ってるので挑戦してみてください。
プライベートオンラインで楽しく、瞬間翻訳の勉強をすることが出来ます。

 

 

中級者向け英語教材!楽しさ倍増!

 

この1冊は、何度も読み直して、実際に使ってもらいたい!!!
僕の人生の中で、とても良かった英語本の1冊です!

ビジネスパーソンだけではなく、万人にとって、とても効果のある本です。
とても楽しく読み進められる本です。
言葉を変えるだけで、人生は大きく変わります。
英語も同じく、使う英単語を変えるだけで、人生が変わる。

 

例えば、
tellをshareに変えるだけで、イメージが全く違ってきます。
problemをchallengeに変えると、乗り越えられるイメージになります。

 

I'd like to tell you about our problem.
(僕たちの問題をみなさんに話します。)

I'd like to share with you about our challenge.
(僕たちの課題をみんなに共有します。)

 

とても前向きな印象になり、英語を使うのが楽しくなってきます。
自分自身の人生が、大きく変わってきそうですね!

この本も↓Amazonでも購入出来ます。

 

上級者向け英語教材

 

上級者の方向けの教材ということは
初心者の方が買わない方が良い教材
ということです。

 

人気があるので、ついつい手にしがち。
確かに、中上級者向けには、とても良い本です。
これ1冊をマスターすれば、様々なシーンで使うことが出来ます。

こちら、↓Amazonでも高評価です。

 しかし、英語初心者の方は、この本でやっていくのは難しい。
だから楽しくない、ということになるんですよね。
まずは、簡単な1冊を完全マスター目指しましょう!!!

 

実は文法の勉強は楽しくない!

 

英文法は中学レベルまでにすることです。
難しかったり、複雑な文法の勉強は不要です。
基本的に、大人になってからの英語は、「英文法の勉強は最低限」でOKです。

 

英語の授業で、英文法を教えてもらうのは、絶対に避けたいところです。
つまり、外国人ティーチャーに英文法を教えてもらうのはやめましょう。

 

僕自身が、英文法の授業を取ったことがあります。
英語の文法を理解するよりも、まず、文法で使う英単語の意味を理解するのに時間がかかりました。

part of speech→品詞
subject→主語
adjective→形容詞
adverb→副詞
infinitive→不定詞
conjunction→接続詞

 

これって、文法にしか使わない単語です。
知らないより、知っていた方が良いですが、優先順位はずっと低い。
声を大にして言いたいのが、
「大人の英語において、文法はやめよう!」
ということです。

 

生徒:ティンくん
せんせー!
僕は英文法に全く自信がありません。
一通りしたいんですが、どうしたら良いですか?

 

ほんだ
そんな時こそ、映像で素早く、全部をサクッと見ましょう!

 

本を購入して、最初から勉強するのもやめましょう。
英文法はYoutubeで見ることが出来ます。
これで十分です!

全体を体系的に勉強出来るYoutubeを紹介しますね。

◯中学1年生の英文法が34分間でサクッと見ることが出来ます↓

 

◯続いてこちら、中学2年生の英文法が30分で学べます↓

 

◯中学3年生の英文法はたった24分!

 

 上記YouTubeは全部で88分間です。
これだけ見れば、中学生で習う英文法は、ザクッと把握出来ます。

生徒:ティンくん
せんせー、こんなの一気に見て覚えられないですー!

 

ほんだ
もちろん、覚えられません。
しかし、本で勉強しても、覚えられません。
大切なのは、全体をざっと理解しておくこと。文法は「英語のルール」です。
いくらルールを勉強しても、話せるようにはなりません。
サッカーやラグビー、野球と同じで、ルールはざっくり知ってるだけでOK!
あとはやりながら、何度も見返して、身につけていくもの。

 

実際に、話していく内に、「もっとここが知りたい!」という文法が出てきます。
その時に、YouTubeで分からないところだけを検索したらいいんですよね。

 

例えば、英語を話していく内に「some」と「any」の使い分けに戸惑う時があります。
肯定文→some、否定文・疑問文→anyだと習ったのに、違う場合もある!
そんな時にYouTubeで優しく教えてくれてます。

 

ということで、文法は自分で勉強しましょうー!
教えてもらうより、ずっと効果的です。
文法を勉強する時間があるなら、ティーチャー相手に徹底的にアウトプットしましょう!

 

2英語を勉強する目的・目標があいまいだから楽しくない!

 

「目的」って案外、ないがしろにされがちです。
実際に、目的の作り方について、学校でも教えてくれないですよね。
実際に目的ってどうやって見つけるのか?

 

まず、基本事項を抑えておきます。
「目的なんて無い!」という人でも、実は、少しながらあるものです。

 

英語を勉強しようと思った時点で、何かしらの目的はあります。
全く、何の目的もないのに、英語は勉強しません。
「かっこいいから」「憧れてた」「人生を変えたい」
いろんな理由が、その人なりにあるはずです。

人は理由なしに、動くことはしないものです。
その理由(目的)を明確にしていく方法について考えていきましょう。

 

英語を勉強する目的を明確にしたら、楽しく継続出来る

 

目的・・・何の為に英語を勉強するのか?

 

英語を勉強する時、ここが明確に決まってないと、なかなか続かないんですよね。
英語で最も大切なことは「継続すること」。
目的が不明確だから、多くの人が続かない。

 

と言っても、なかなか目的が明確になっている人って少ないですよね。
では、どうやって目的を見つけたら良いのか?

 

目的は何でもいい!とにかく紙に書くこと

 

「目的」を自分の中から、明確にしていく方法はこれが最も効果的!
人は、書くことで考えられるようになります。
自分でも驚くくらい、スッキリとするもの。

 

「考える」ことは「書くこと」

書くこと以外は、考えているフリ。
実際に紙に書くことで、自分の頭がスッキリ整理されてくる。

テーマを決めて、時間をかけずに、1分間で5つくらい書いてみること。これを続けると、自分が今までいかに考えてこなかったかが分かる。

「0秒思考」は非常に参考になる。

 

書くこと以外、全ての行為は、考えるフリです。
実際に、ペンと紙を用意して、やってみてください。
思った以上の効果があります。

こちら、とても参考になる本↓

 とにかく1分間でA4に自分の思考を書き出すというもの。
人生が変わります!
Amazon↓でも大人気の本です。

 

紙に書き出すことで、こんな内容が出てくるのではないでしょうか。

 

英語を勉強する目的

・転職をして、英語が使える仕事をしたい。

・昇給するのに、英語力が必要。

・海外でビジネスをしようと思っており、英語力が必要。

・海外旅行で困らない程度に英語を話したい。

・外国人の彼女(彼氏)がほしい。外国人の友だちがほしい。

 どんな目的でもOKです。
まず、「目的を持つ」という意識を持って勉強をすることで、楽しくなります。

 

3実践の場がないから、英語の勉強は楽しくない!

 

実践の場がなくて、悩んでいる人も多いです。
英語はコミュニケーション・ツール。
ただ暗記を繰り返しても、決して楽しくありません。

 

やっぱりアウトプットをして、英語を楽しみたいですよね!
ぜひ、最後の章を読んで、英語を使う場をつくってください。

 

まずは心得!「英語を使う場」を自分でつくることで自ら英語を楽しむ!

日本で普通に暮らしていると、なかなか英語に触れる機会はありません。
せっかく英語を勉強しているんです。
自分で何か、行動を起こさないと、なかなか英語に触れる機会は少ない。
また、そういう機会を自分で作らないと、英語って楽しくないです。

 

英語に触れる機会がない→非日常に飛び込まなくてはならない
今まで全く知らなかった世界にいくのは、確かに勇気がいるものです。
そもそも、なぜ、億劫になるのか?

・全く知らない人だし、文化も知らない。
・言葉が全く通じなかったら、恥ずかしい。
・他の人と比べて自分だけ話せないかも。
・緊張するのが嫌。
・歓迎されないかも知れない。

 

いろんなネガティブな理由が考えられます。
しかし、反対に考えてみてください。
日本人だらけの集まりに、外国人がいたとします。
冷たくするでしょうか?

 

これを見ている読者の方であれば、きっと外国人を温かく迎え入れることでしょう。
一生懸命、日本語を話そうとしている外国人を応援するんじゃないでしょうか。

 

反対の場合でも同じことが言えます。
思い切って飛び込んで行けば、相手は心温かく迎え入れてくれるはず。
思い切って、飛び込んでみたら、帰りに「行って良かった。また次も行ってみよう。」となります。
そこで出会った人と、連絡先を交換して、カフェに行って話をするのも良いでしょうね。
英語がますます楽しくなってきます。

 

日本で外国人と英語を楽しめる方法

最も早い方法は、友達を作ることです。
友達を作るために、いろんなサークルなどに参加してみましょう!

 

サイトを活用して、英語を楽しむ

 

いろんなサイトがネット上では溢れています。

Meetup→地域のコミュニティに参加をすることが出来る。英語教室もある。
Facebookイベント→それぞれの地域のイベントが載っている。
Twitter→外国人をフォローして交流を持つ。

 

いろんなアプリがあります。
ナンパ目的があるので、そのあたりは注意しましょう。
トラブル回避の為にも、全く知らない人と2人で会うような機会は避けた方がいいです。
(英語教室は別)

 

各国のサークルや集まりって全国にあります。
例えば、フィリピン人の場合、教会を中心に集まってます。
また、外国人の友達が1人でもいれば、彼らのパーティーなどに参加するのも、楽しく英語を使うことが出来ます。

 

オンライン英会話は毎日すると効果的

 

オンライン英会話こそ、日々、コンスタントに英語を使うことが出来ます。
しかし、「毎月数千円を払って、いつでもレッスンが受講出来る」という仕組みはやめておいた方がいい。

 

いつでもレッスンが出来る→なかなかやらない。
という図式が出来ています。
レッスンは時間とティーチャーを決めてやることです。

 

同じティーチャーが、毎週、同じ時間に、画面に現れるという方式が良いです。
そのあたりはこちらに詳しく書きました↓

 

 毎回、同じティーチャーと二人三脚で、英語を勉強していけば、楽しく英語が学べます。
最低でも150分間の勉強を奨励しています。

 

よくある質問:Twitterからも無料で質問募集しています

 

英語は人生を大きく変える、
素晴らしいコミュニケーション・ツールです。

 

出来るだけ多くの方々に、気軽なオンライン英会話スクールで
勉強してもらいたい、そんな気持ちでいます。
このページの右上の「資料請求・お問い合わせ」から
弊社スタッフがお応えします。

 

Twitterでも質問を募集中
僕のTwitterをここに貼り付けておきます。
直接、僕に質問をしたいかたはこちらで↓

多くの人が、英語が話せるようになり、
自立した幸せな人生を送れるようになることを、祈ってます。

おすすめの記事